秋空バックに。

往路を築堤で撮影し、復路の撮影地へ移動。だが、狙っていた場所の上空は一面雲だらけ。
暫しどうするか?思案したが、曇り空の下での撮影を嫌い、比較的雲の少なそうな東方へ。
着いた先は何時もの鉄橋。ただ、狙い通り雲は少なく、これなら晴れカットが期待出来る。

設営後直ぐに

c0347168_08302750.jpg

秋空バックに列車が通過。薄雲が良い表情を作ってくれています。このままだと嬉しいが




そうはいかず・・・

c0347168_08313761.jpg

少し表情が崩れた?頃にレトロ電車がやって来た。それでも個人的には満足いく結果に。

初夏の訪問時と同じ場所での〆になったが、季節が違えば、また違った結果になるもの。
また、次回の復路も此処に使用かな・・・(^^;




2017.9.10  きむらラッピング / 20形23号+1000形120号


by ef6587 | 2017-09-19 18:17 | 琴電 | Comments(0)
<< 派手ハデ。 初秋の築堤を往く。 >>